台風21号(2017)米軍最新進路予想位置情報!本州に直撃か?

   

 

台風21号が発生していますね。

今回の台風は、関東付近に上陸する可能性があります。

台風が上陸する可能性がある22日(日)には衆議院総選挙が行われますね。

当日、選挙に行こうと思われている方は台風の進路状況が気になっているのではないのではないでしょうか?

 

それでは気になる台風21号の現在の様子を見てみましょう。

 

スポンサーリンク

台風21号概要

 

台風21号 名称 LAN(ラン)

存在地域 フィリピンの東
中心位置 北緯10度20分
東経131度50分
進行方向 西
速さ 25km/h
中心気圧 985hPa
最大風速 中心付近で25m/s
最大瞬間風速 35m/s

 

21日現在、台風21号は、暴風域を伴って日本の南を北上しています。

 

台風21号進路予想

 

台風21号の進路予想を見てみましょう。

 

 

台風21号はこのあとも北上を続け、21日(土)〜22日(日)は沖縄・大東島地方を直撃する可能性があり、

週明け23(月)には本州に上陸する恐れがあります。

 

台風21号米軍進路予想

 

それでは台風21号米軍進路予想を見てみましょう。

 

 

米軍の台風情報では、23日午前7時その距離50km 途中で上陸せず勢力を保ったまま関東直撃になる可能性もありそうですね。

気象庁と米軍の進路予想が一緒のようですね。

 

スポンサーリンク

 

各都道府県台風への影響

 

北海道

 

台風21号の影響はありません。

東北(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)

 

台風21号の影響はありません。

関東・信越(東京都、埼玉、神奈川、茨城 、栃木県、群馬県、千葉、山梨、長野、新潟)

 

強い勢力を保ったまま23日朝までに本州に上陸する恐れがあり、台風が通過する東海や関東甲信では特別警報級の大雨となる可能性があります。

 

東海・北陸・近畿(愛知、岐阜、三重、静岡、富山、石川、福井、大阪、滋賀、京都、兵庫、奈良、和歌山)

 

強い勢力を保ったまま23日朝までに本州に上陸する恐れがあり、台風が通過する東海や関東甲信では特別警報級の大雨となる可能性があります。

 

中国・四国(徳島、香川県、愛媛、高知、鳥取、島根、岡山、広島、山口)

 

台風の影響で、多い所では、四国、伊豆諸島150ミリの大雨になる恐れがあります。

九州(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎県、鹿児島)

 

台風の影響で、多い所では、九州北部、北陸120ミリの大雨になる恐れがあります。

沖縄

 

21日(土)〜22日(日)は沖縄・大東島地方を直撃する可能性があります。

 

※(10/21日現在)

進路がわかり、情報が入り次第更新します。

 

まとめ

 

今回の台風21号は沖縄を通過して本州まで接近する可能性があります。

22日(日)には衆議院総選挙が行われますが、当日は沖縄に台風が上陸恐れがあり注意が必要ですね。

九州なども大雨の影響を受けそうです。

台風自体が上陸しなくても、今回の台風は非常に強い勢力で、荒れた天気になる可能性がありますので十分に注意してください。

 

関連記事

台風 災害時に必ず役立つ防災グッズ10選!必要なものを準備しておこう!

気象病とは?なぜ起こるのか?予防法は?台風の季節に注意が必要!

スポンサーリンク
                     

 - 台風