清水富美加の告白本「全部、言っちゃうね。」の内容がやばい!

   

 

先日、幸福の科学に出家すると言って、世間を騒がせている清水富美加さんこと千眼美子さん。

清水富美加さんの所属事務所であるレプロと教団側の幸福の科学との意見対立あり、真実が何のか気になりますよね。

そんな清水富美加さんが「全部、言っちゃうね。」という告白本を出版するそうです。

その告白本がどんな内容なのか?どこで買えるのか?も気になりますよね。

そこで今回は、清水富美加こと千眼美子さんの告白本「全部、言っちゃうね。」の内容について調べてみました。

 

スポンサーリンク

清水富美加の出家騒動

 

清水富美加.jpg

(画像引用元:http://rematch.seesaa.net/article/439027545.html)

 

清水富美加さんの出家騒動のついて簡単にまとめてみました。

1月19日 教団のホームページにインタビューの動画が掲載される。

その後、事務所が清水に事実確認をしたところ、「幸福の科学の信者」だと認める。

1月28日 清水が代理人弁護士2人を伴い、マネジャーに「仕事を辞めて幸福の科学に出家します」と申し出る。

 

プロデューサーは清水について、「非常に前向きに取り組んでいて、今回のことが起こる兆候はなかった。スタッフも共演者もインフルエンザを心配していて、それがこんなことになり、ただただ驚いています」と話していそうです。

 
1月31日 所属事務所が弁護士を立て、教団側と協議入りする。

2月1日 清水の代理人弁護士が、事務所側に「現在の契約を解除します」と通知書を送る。

その後、伸身ともに不調という事で仕事を休む。

 

 

幸福の科学側が、仕事に関して「性的対象にされるのが嫌で拒否したのに、ブルマーやスクール水着の仕事を入れられた」「人を食べる役など、道徳に反する」などと話していた。

 

給料については「当初歩合制も、稼ぐようになったら月給制になり、1カ月毎日働いても月給5万のボーナスなし」と主張した。

しかし、15日付のデイリースポーツでは、清水の年収は直近で1000万円を超えていたと報じています。

 

清水富美加さんの所属事務所のレプロと幸福の科学は意見が対立しており、何が真実がわからない状態になっています。

現在の清水富美加さんは、『女優よりもやりたいことが見つかった。これからは、幸福の科学のためだけに働いていきたい』と語っているそうです。

 

清水富美加さんは「千眼美子」という法名になっています。

 

スポンサーリンク

 

「全部、言っちゃうね。」の内容は?

 

出家報道が出てからも、Twitterで清水富美加さんは自身の気持ちを発信していました。

 

 

 

 

 

このTwitterなどを見てみると、言えなくても言えなかった事があるように思えます。

事務所について不満があり、守ってくれなかったとまで話しています。

 

清水富美加さんは、所属事務所のレプロとはまだ契約が残っており、本来なら契約満了をもって事務所を退社するほうがよ かったのですが、身心ともに限界だったのでしょうね。

引退騒動の前日11日から16日の間に清水が幸福の科学出版の編集者からのインタビューに応える形で制作したそうです。

 

清水富美加さんの告白本は、2月17日に出版予定としていますが、まだ本屋には並んでいません。
ですので、内容は詳しくはわからないのですが、「全部、言っちゃうね。」というタイトルですから、これまで言えなかった事を本にしたんだと思われます。

 

ほんの内容紹介として帯にこんな風に書かれています。

【緊急告白】
死にたかった7年、
死ななかった7年。

一連の騒動の真相は? 幸福の科学って?
せっかく人気女優になれたのに?
友だちや仕事でお世話になった人、
そして心配してくれるたくさんの人たちへ。
すべての疑問に、自分の言葉で答えました。

 

全ての疑問に自分の言葉で応えたとの事なので、真実を語ったのではないかと思われます。

この本もすぐ差し止めされちゃうかもと言っているのでかなりやばい内容になってるのではないでしょうか?

 

 

真実はこの本を読んでみないとわらからないと思います。

 

差し止めになる前に購入しておいた方がいいかもですね!

この本は幸福の科学からの購入できるのですが、幸福の科学には住所を知られたくないという方もいるかもしれません。

そういう方には

Amazon楽天

から購入する事をおすすめします。

購入はこちらからできます↓

 

 

※追記

暴露本の詳細が少しわかってきましたので追記します。

まずは、現在話題になっているお給料の事ですが、清水富美加の本によると、

 
2014年の途中までは5万円だった。

2016年にようやく月25万貰えるようになり、年収は1000万円になった。

しかし、マネージャーから自分の売上は1億円以上稼いでると教えられた事で給料に不満を持っていたと思われます。

 

その他にも、

水着はやりたくなかった。

好きな人がいて悩んでいた。

喫煙者だった。

など、色々な事を暴露しています。

 

まとめ

 

今回は、清水富美加さんこと千眼美子さんの「全部、言っちゃうね。」について紹介しました。

しばらくこの騒動は続きそうですが、真実は本人にしかわかりません。

 

内容などわかり次第追記したいと思いますが、気になる方は本を購入していみるのもいいかもしれませんね。

私自身も、本を読んで、今回の騒動の何が真実なのか考えたいと思います。

 

 

スポンサーリンク
                     

 - 芸能