庵野秀明の次回作!「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」を制作中?

   

 

庵野秀明監督の映画『シン・ゴジラ』は大ヒットしましたよね!

そんな庵野秀明監督の次回作を期待されている方が多いのではないでしょうか?

噂では、庵野秀明監督は既に、次回作を製作中だそうです。

どんな作品になるのか気になりますよね!

そこで今回は、大ヒット映画、『シン・ゴジラ』を詳しく紹介するとともに、庵野秀明監督の次回作について詳しく調べてみました。

 

スポンサーリンク

庵野秀明監督の映画『シン・ゴジラ』が大ヒット!

 

『シン・ゴジラ』は、去年の7月に公開され大ヒットを記録しました。

日本版ゴジラとしては12年ぶりの映画化でゴジラシリーズ第29作目になります。

2016年の日本興行収入で実写映画1位の記録していますし、興行収入82億円で、観客動員数500万人を突破しています。

興行収入だけでなく、各賞レースで沢山の賞を獲得しています。

 

2016年 「第90回キネマ旬報ベスト・テン」脚本賞。

「ぴあ映画生活ユーザー大賞2016」大賞。

「第26回東京スポーツ映画大賞」監督賞。

「第40回日本アカデミー賞」では優秀作品賞をはじめとした10部門を受賞。

「第71回毎日映画コンクール」では日本映画大賞をはじめとした3部門を受賞。

 

『シン・ゴジラ』あらすじ

 

ある日突然東京湾で水蒸気爆発が起きます。

その原因は海の中に潜む巨大な生物ゴジラでした。

そんな中内閣官房副長官を務める矢口はその存在に対抗する術を見つけます。

しかし遠くの国の人間は核を使い街もろとも破壊しようと考えていたが・・・

 

監督

庵野秀明(総監督) 

樋口真嗣(監督・特技監督) 

 

出演

矢口蘭堂(長谷川博己) 

赤坂秀樹(竹野内豊)

カヨコ・アン・パタースン(石原さとみ)

大河内清次(大杉漣)

東竜太(柄本明)

志村祐介(高良健吾)ほか

 

感想ネタバレなし

 

初代ゴジラの面白さに限りなく近い傑作となっており、余りの完成度の高さにこれまでのゴジラ映画は何だったんだろうと考えさせらる程です。

リアリティに溢れる完成度で、最初から最後まで手に汗握り、楽しむ事ができます。

軍隊の役割を担う自衛隊の攻撃など、考えさせられる部分が多々存在しており、感情移入が強くなる作品ですね。

 

 

まだ見ていない方はぜひ見てみてください!

購入はこちらからできます↓

 

庵野秀明監督の次回作は?

 

次回作を製作中だという事がわかったのは、5日に開催された「キネマ旬報ベスト・テン」の表彰式でした。

この表彰式に庵野秀明監督は出席しておらず、エグゼクティブプロデューサー山内章弘氏が出席しています。

山内氏は、「監督はすでに次回作の制作に入られています」とコメントした事で判明しました。

その事を受け、「シン・エヴァ」の制作中ではないか?とファンの間で期待が高まっています。

 

スポンサーリンク

 

『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』とは?

 

シン・ヱヴァンゲリヲン新劇場版:FINAL タイトル

(画像引用元:http://36ch.com/evangelion/eva_shin/eva_shin4/)

 

12年11月公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』と同時に制作が明らかとなったものの、庵野監督の体調不良により制作は休止されています。

それからおよそ2年半後の15年4月に制作が正式に発表されたましたが、同時進行での制作が明かされた『シン・ゴジラ』が先に公開されています。

 

体調不良の理由は、うつ病という事でした。

エヴァンゲリオン 公式サイトにて庵野秀明監督自身が当時の様子を語っています。

 

 

2012年12月。エヴァ:Qの公開後、僕は壊れました。

所謂、鬱状態となりました。

6年間、自分の魂を削って再びエヴァを作っていた事への、当然の報いでした。

明けた2013年。

その一年間は精神的な負の波が何度も揺れ戻してくる年でした。

 

自分が代表を務め、自分が作品を背負っているスタジオにただの1度も近づく事が出来ませんでした。

他者や世間との関係性がおかしくなり、まるで回復しない疲労困憊も手伝って、ズブズブと精神的な不安定感に取り込まれていきました。

 

2014年初頭。ようやくスタジオに戻る事が出来ました。

それから、1年以上かけた心のリハビリにより徐々にアニメの仕事に戻っています。

同年10月に行われた東京国際映画祭の特集企画で、高校時代から自分の作ってきた作品を、素直に振り返れた事も幸いしました。

 

そして、2015年。

旧エヴァの放送から20年後の今、すでに2年以上もお待たせしている、シン・エヴァンゲリオン劇場版の完成への実現に向けた作業も、なんとか進められています。

 

<一部中略>

出典引用元:エヴァンゲリオン 公式サイト

 

これを読んでみると、シン・エヴァンゲリオン劇場版の完成に対する庵野秀明監督の気持ちや熱意がが伝わりますね。

熱意が強すぎたうえに、体調を壊してしまったのですね。

しかし、現在は体調は回復しているとの事ですから、次回作にも期待できますね!

これを完成させない事には、ファンのみなさんも庵野秀明監督自身もすっきりしないと思いますね。

 

まとめ

 

庵野秀明監督次回作が非常に楽しみですよね!

次回作が『シン・エヴァ』と明言したわけではないので、『シン・エヴァ』になるかはわかりませんが、期待しているファンも多いのではないでしょうか?

庵野秀明監督の作品ならどんな作品でも期待できそうですよね!

 

スポンサーリンク
                     

 - 映画