「ドクターX4」第1話 あらすじとネタバレ感想 !次回予告も!

   

10月13日に放送された「ドクターX4」の第1話のあらすじ・ネタバレ・感想を書きたいと思います。

スポンサーリンク

「ドクターX4」第1話のあらすじとネタバレ

ニューヨークの街を一望にし何かを決断した様子のフリーランス外科医・大門 未知子(米倉涼子)。

馴染みのチャイニーズレストランで餃子を注文したが、見知らぬ初老の日本人女性(泉ピン子)に横取りされて、卑しい小競り合いが始まる。

日本・銀座のとある店では東帝大学病院の理事会が開かれている。

今年の全国病院ランキングでランク外であったことを糾弾され、病院長・久保 茂(竜 雷太)と副院長・蛭間 重勝(西田敏行)はその責任を取る形での辞職を迫られている。

精査し立て直すとする院長に対し、あっさりと退陣を受け入れようと提案する副院長。

重く暗い空気が漂う。

NY、小競り合い中のレストランで妊婦が倒れる。

未知子と初老夫人の素早い対応で病院へ搬送され、未知子が執刀することに。

母と赤ちゃんを心配する娘に「アイ・ネバー・フェイル(私、失敗しないので)」と、助ける事を約束する未知子。

そして誰もが称賛する見事なオペで母子を助けてみせる。

搬送先の病院を「うちの病院」と呼ぶ初老の婦人は、自分は病院の掃除婦だと言うが…

未知子がNYに居ると知った名医紹介所所長の神原 晶(岸部一徳)の命で、未知子は帰国する。

病院長が自身をはじめとする首脳陣全員の引退を申し出ている最中、副院長・蛭間は自分の退陣に際し世界的に著名なドクター・北野 亨(滝藤賢一)を招いておいた事を告げ紹介するが、北野は蛭間副院長の退陣の事は聞いていないとして、白紙撤回を要求する。

その巧妙な企みにより蛭間だけは病院に止まる事になる、しかも病院長として。

蛭間新病院長の着任の挨拶に総合内科部長・黄川田 高之(生瀬勝久)と総合外科部長・西園寺 猛司(吉田鋼太郎)が傅く。

更に、もう一人のヘッドハント、南 幾子(草刈民代)を広報部長に据え体制を組むと紹介。

新副院長が遅刻している中、大門未知子が入室してくる。

彼女が新副院長かとドクター達が騒然とする中、それを否定する蛭間さえ何故大門が来たのか知らない様子。

大門未知子は新副院長に望まれ東帝病院に来たのであり、その副院長こそが久保 東子あのニューヨークで出会った初老の婦人であった。

そして北野もあの時の未知子のオペを見ていたドクターだった。

前院長の妹で、蛭間とも因縁の仲らしい東子は兄の志を継いで病院を立て直すと宣言し、早くも院長との間に火花が散る。

そんな中、3Dプリンターによって創られた頸椎を移植するという東帝大学病院の威信を懸けた日本で初、世界でも数例しかない症例の難しいオペがスーパードクター北野によって行われることに。

実のところドクター陣に不信感を持ち始めた今回の患者であるIT企業社長の一木 淳(渡辺大和)は、自分の手術映像をネットに生中継することを条件に手術を受けたいと記者発表の場で言い出す。

大きなリスクだが今更引けない院長はそれを受け入れる。

ところが病状の進行が速く、移植用頸椎を追加で創る必要が出てきたが、それでは間に合わない。

オペの当日であったが北野は準備不足を理由に執刀を拒否する。

患者が気になる未知子に、「上手すぎるお前は手を出すな」と忠告する副院長。

以前、一人でも多く患者を救いたいから未知子の力が必要なのだと口説いていた久保だが、本心は患者の命ではなく権力争いに過ぎなかったようだ。

それでも手術の準備と中継の準備だけは着々と整っていくが、オペは始まらない。

威信を懸けた手術の中止、記者とカメラの前で口ごもる院長。

代わって副院長がアナウンスをしようとした矢先、中継画面に未知子が入って来てオペが始まる。

慌てふためき辞めさせようとする首脳陣を無視してオペは続く。

手術室内の邪魔なカメラは倒れて映像は途絶える。

北野の提言とは別の術式を進める未知子に「それでは失敗する!」と北野は叫ぶが、未知子の答えは「私、失敗しないので」。

未知子が考えた術式は、日本人の身体サイズを考慮した最も有利な独特な方法。

しかも足らない頸椎は患者自身の別の骨を移植するという方法で、手術をやり終える。

北野はそれをじっと食い入るように見ていた。

手術への関心度は高く、成功のニュースは駆け巡るが執刀医はあくまでも北野。

その口止め料も含めた1千万円が今回の請求額。

北野は自分の契約金をそれに充てると自ら差し出した。

今日も院長回診の列は続く。

「致しませんリスト」を配り真ん中を割って凄腕ドクターX・大門未知子は行く。

スポンサーリンク

  • キャスト

大門未知子(米倉涼子)

黄川田高之(生瀬勝久)

城之内博美(内田有紀)

加地秀樹(勝村政信)

北野亨(滝藤賢一)

南幾子(草刈民代)

萬田康介(瀧川英次)

赤井富夫(長谷川朝晴)

白水里果(田中道子)

神原晶(岸部一徳)

西園寺猛司(吉田鋼太郎)

久保東子(泉ピン子)

蛭間重勝(西田敏行)

感想

帰ってきた大門未知子!期待通りの腕前です。

泉ピン子扮する副院長の立ち位置が楽しみだと思っていたのに、第1話で本性がばれてしまって残念。

次に期待するのは、ドクター北野の胸の内ですね。

次回予告

日本一貧しい村長と日本で一番黒い議員のオペを巡っての騒動。

未知子は村長のオペを始めたようだが…

スポンサーリンク
                     

 - ドクターX~外科医・大門未知子~