最新 北朝鮮 ミサイル落下地点はどこ?スカッド・ノドン発射!

      2017/03/06

 

防衛省は2016年9月5日、北朝鮮が正午ごろに発射した弾道ミサイルについて、とも日本の排他的経済水域内(EEZ)内に落下したようだと発表しました。

ミサイル落下地点は日本の排他的経済水域内のどこなのか?

ミサイルの種類や最新のミサイルの能力について調べてみました。

 

2017年3月6日追記情報記載中

 

スポンサーリンク

北朝鮮 ミサイル落下地点はどこ?

 

ミサイルは同時に発射、ほぼ同地点に落下したとみらます。

防衛省によると、北朝鮮は午後0時13分ごろ、同国西岸から3発の弾道ミサイルを東北東へ発射しました。

いずれも約1000キロ飛行し、北海道西方の排他的経済水域(EEZ)内に落下したとみられます。

 

落下地点は北海道・奥尻島から西へ200~250キロの日本海上。

周辺の航空機や船舶への被害は確認されていないという。

自衛隊の戦闘機や哨戒機を落下地点付近へ飛行させ、ミサイルの破片がないか調べている。

 

北朝鮮 ミサイルの種類は?

 

防衛省はミサイルの種類について、飛行能力300─500キロのスカッドか、1300キロのノドンとみている。

いずれも、移動式の発射台から撃つのが一般的だとされている。

 

スカッドミサイルとは?

 

ソ連が 1965年から配備した SSM (地対地ミサイル) 。

MAZ-543 8輪トラックに搭載される。

ソ連のほか,ワルシャワ条約機構,アラブ諸国,北朝鮮などにも配備された。

核弾頭,通常弾頭の両装備があるが,ソ連以外は通常弾頭型を配備している。

 

ノドンミサイルとは?

ノドンは北朝鮮が開発した準中距離弾道ミサイル(MRBM)。

「ノドン」とはこのミサイルが確認された地名からアメリカがつけたコードネームであり、北朝鮮では「火星7号」と呼称される。

 

北朝鮮の中距離弾道ミサイル「ノドン」は、射程が1300キロと日本のほぼ全域が入りおよそ200基が実戦配備されていると見られている。

 

スポンサーリンク

 

北朝鮮 弾道ミサイル能力が向上?

 

稲田朋美防衛相は記者団に対し、「3発同時に発射し、しかもほぼ同じ地点に落下した。確実に能力は向上している」と述べた。

そのうえで、「日本の安全保障上の重大な脅威であり、断じて許されない。深い懸念を表明する」と語っています。

 

北朝鮮 ミサイル発射の狙いは?

 

北朝鮮が5日、弾道ミサイルを発射した背景には、9日の建国記念日を控えて、国威発揚を図る狙いがあったと見られるほか、アメリカのオバマ大統領も出席して中国で開かれているG20サミットにタイミングを合わせた可能性もあります。

 

弾道ミサイルの発射を強行することで、国威発揚を図る狙いがあったと見られます。

 

まとめ

 

北朝鮮による弾道ミサイルの発射は、今年に入って21発目です。

移動式発射台や潜水艦から撃ったり、わざと高く打ち上げたりするなど、発射手法も多彩になってきていてミサイルも向上している様です。

北朝鮮の動きに今後も注意が必要です。

 

2017年3月6日 追記情報

 

北朝鮮は本日7時34分ごろ 北朝鮮西岸より4発の弾道ミサイルが発射され、その中にわが国の排他的経済水域(EEZ)内に3発落下したものと思われます。

菅義偉官房長官が6日に記者会見で明らかにしました。

情報の収集・分析に全力を挙げるとの事です。

 

スポンサーリンク
                     

 - 話題