リオ五輪放送を高画質でスマホで観る方法!

      2016/08/08

2016年8月5日(土)から開催されるリオオリンピック。

今回のオリンピックはブラジルのリオで行われますが、
日本との時差が12時間あります。

注目の試合が丁度夜中だったり、通勤中だったり、仕事中などで外出中で、
家で見れない方も多いんじゃないでしょうか?

そこで通勤中や仕事中の合間でもスマホでリオオリンピックを高画質で観戦できる方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

リオ五輪放送を高画質でスマホで見る方法

ワンセグ・フルセグ

スマートフォンのワンセグフルセグ機能で生中継でリオ五輪を見る事ができます。

iPhoneのLightningコネクターに直結して利用するTVチューナーです。

ワンセグのほかフルセグにも対応しており、外出先で高画質の地デジ放送を楽しむことができます。

使い方は、専用アプリを導入したiPhoneに、本製品を接続するだけ

チャンネルはプリセットされた局のまま視聴でき、必要に応じて再スキャンすることもできる。画面の上半分にテレビの映像を表示しつつ、下半分ではインターネットに接続してテレビ番組表を表示することもできます。

例えばこの様なものですね。

 

SlingBox350

SLINGBOX 350 は1920×1080 1080iフルハイビジョンに対応し高解像度のテレビ映像をネットワーク経由で視聴することができる。Wi-fi/3G/LTE通信が出来てさえいれば視聴できます。

いろんな場所で、見たいテレビが視聴できます!設定が簡単なのでおすすめです。

スポンサーリンク

NHK

ライブストリーミング

NHKや民放が生中継しない競技・種目の国際映像を生配信する。
音声は現地の会場音声を基本とするが、1日1種目程度、ネット独自の日本語中継を行う。

見逃し配信

2300時間程度の動画を見逃し配信する。各競技の模様を短くまとめたハイライト動画も公開する。

迫力の4K映像も楽しめます。

公式サイトはこちらです。

NHKオンデマンド

まとめ

2016年8月5日(金)~8月22日(月)まで開催されるオリンピック。
4年に1度の祭典なんで見逃せませんよね。

ブラジルとの時差が12時間ある為、競技時間は結構バラバラです。

家で見れる時はいいですが、外出時や仕事中や通勤中に大事な試合が重なった場合
ちょっとでもスマホで観たいという方の為に今回はスマホで高画質でオリンピックを視聴できる方法をまとめてみました。

ざっと紹介させてもらいましたが、気になるものがあれば、サイトでどういう物かきちんと説明をお読み頂き、判断してもえたらなと思います。

【リオ五輪関連記事はこちら】

リオ五輪中継をスマホで観戦しよう!注目競技日程もこれで見逃しなし!

リオ五輪 パブリックビューイング お勧めはどこ?

スポンサーリンク
                     

 - リオ五輪特集