リオ五輪 ケンブリッジ飛鳥 日本初の9秒台を出す為の条件や可能性は?1億円の約束も!

      2016/08/14

2016年8月5日(土)から開催されるリオオリンピック
陸上の中でも注目される選手ケンブリッジ飛鳥選手です。

日本初の9秒台が期待されています。

ケンブリッジ飛鳥選手のこれまでの記録や、日本初の9秒台を出す為の条件や可能性を調べてみました。

スポンサーリンク

陸上を始めたのはいつ?

2歳の頃までジャマイカで過ごし、その後大阪に移住したケンブリッジ飛鳥選手。

小学校のときから、その俊足を生かして6年間サッカーをしていたそうです。

この頃から運動神経は抜群だったんですね。

そのままサッカーを続けるつもりだったそうですが、
陸上部の顧問の先生に「絶対に速くなるから」と勧められて、陸上部に入部します。

しかし、その当時は試合に出ても勝てず悔しい思いをし、陸上という競技に夢中になっていったようです。

中学3年生のときには関東中学校陸上競技大会、全日本中学校選手権に出場しています。

これまでの記録

高校3年生でインターハイで4×100mリレーで高校日本一

日本ジュニア選手権の200mではジュニア日本一

日本選手権リレーの4×100mリレーでは2走を走り、40秒02の高校記録(当時)を樹立。

日本大学に進学すると、世界ジュニア選手権では4×100mリレーではジュニアアジア記録となる39秒01で予選を通過すると決勝で39秒02の走りで銅メダル獲得しました。

2013年の東アジア大会では200mで優勝し、自身初の国際タイトルを獲得しました。

5月21日に行われた東日本実業団陸上競技選手権・男子100m予選で自己ベストとなる10秒10を記録し、リオデジャネイロオリンピック参加標準記録を突破しました。

9秒台に一番近い陸上選手ではないでしょうか?

スポンサーリンク

ケンブリッジ飛鳥「9秒台を出したら一億円」

競技を続ける上で、モチベーションって大事ですよね。
記録を出す事を目標に、日々練習に励んでる選手も多いと思います。

日本人で9秒台を出しだ選手はまだいません。

本人ももちろんそこに目標を置いています。
本人も、「日本選手権で9秒台を出して優勝してリオに行きたい」と話しています。

そんなケンブリッジ飛鳥選手に更にモチベーションを上げる要因となっているのが、
「日本人初の9秒台なら1億円出す」というドームの安田秀一会長との約束です。

1億円ってすごいお金ですよね!

確かに日本人初の9秒台となるとすごい記録にもなりますし、話題にもなるでしょうが、
更に1億円貰えるとなるとやる気も倍増しますよね。

この事にケンブリッジ飛鳥選手は、
「モチベーションが100倍になった。車を買いたいし、買ってもおつりが出る」
と話しているのでかなり期待が高まりますね。

ケンブリッジ飛鳥 9秒台を出す条件と可能性は?

一番大事な事はグラウンドコンディション。

条件が良いのは追い風。

雨で向かい風では9秒台がでる可能性は低い。

すべての条件が揃った時に、日本初の9秒台が出る可能性があるそうです。

ケンブリッジの個人記録は、今年5月に埼玉で出した10秒1
この時も追い風だったそうです。

まとめ

イケメンですごい筋肉を持つケンブリッジ飛鳥選手。
ルックスもですが、やはりオリンピックでの9秒台が期待されますよね!

高い壁だとは思いますがすべての条件が揃えば、可能性は十分にあると思います。
記録をだしてくれる事を期待しましょう!

【リオ五輪の注目記事はこちら】

リオ五輪 ケンブリッジ飛鳥 体脂肪率は?肉体美のエピソード秘話も!

男子リレーの放送は日本時間で何時?リオ五輪 陸上 見どころも!

リオ五輪中継をスマホで観戦しよう!注目競技日程もこれで見逃しなし!

リオ五輪 パブリックビューイング お勧めはどこ?

 

スポンサーリンク
                     

 - 陸上