バイキング がんサバイバー差別バトルの全内容 小池百合子VS鳥越俊太郎

   

今日のバイキングで鳥越俊太郎、増田寛也、小池百合子都知事選3候補が出演しました。

その中でも、鳥越氏と小池氏のバトルは見ものでしたよね!

見逃した方の為にも、気になる鳥越VS小池さんのバトルの全内容を
簡単にまとめてみました。

スポンサーリンク

鳥越VS小池 がんサバイバー差別バトルの全内容

街頭演説で「病み上がりの人を連れてきてどうするの?」発言について鳥越氏から小池氏へ質問。

鳥越氏「病み上がりの人を連れてきてどうするの?」と言われましたか?

小池「言ってないです。記憶にないです」

鳥越氏「夕方のニュースの中でテロップが入ってるんです。」

その後、ここに証拠があるんです。と放送していたテレビ画像のコピーを取り出す。

小池氏「でも今 お元気になられてるじゃないですか」

鳥越氏「実際に出てますからね」

小池氏「それは失礼しました。」

鳥越氏「これはがんサバイバーに対する大変な差別です 偏見ですよ」

小池氏「もし言っていたなら失礼な事を申し上げて・・・」

鳥越氏「失礼な事ですまされるんですか?」

「これは僕に対する問題じゃないんですよ」

「がんサバイバーは何十万、何百万といるんですよ東京に。家族もいますよ」

「そういう人たちに「あなたは1回がんになったら、あなたはもう何もできないんだ」と決めてつけるのは・・・」

小池氏「それを決めてつけてるのは鳥越さんでしょ?」

鳥越氏「あなたじゃないですか?病み上がりのレッテルをはってるじゃないですか?」

お互いヒートアップしてきました。

そこで小池さんが話を切ります。

小池氏「これが選挙なんですよ 坂上さん」

鳥越氏「病み上がりの人に対するレッテルをはって差別する」

「がんサバイバーは何もできないというイメージを与えるのは・・・」

小池氏「そこまで言っておりません」

「大変お気遣いをしてるわけでございます。鳥越さんに対して・・・これからまだ日数もありますから」

「逆に言えば、そこの部分しかご質問ないんですか?」

まだまだこの話題でいきたい鳥越氏でしたが、小池さんが切る形で時間終了となりました。

見ていて思ったのですが、小池氏は何もそこまで言っていませんし、差別という言葉を利用して小池さんに不利な状況を与えていきたいといった感じなのかなと思いました。

他の質問でも鳥越氏は差別という言葉を小池さんに言っていました。

スポンサーリンク

後出しじゃんけんの鳥越氏について、準備不足が指摘されているという質問で、

鳥越氏は「僕はキャスターをしていた時は2・3日で勉強して覚えていた。
出馬を表明して1週間になるがかなり勉強して公約も出している」と言った時に、

小池氏が

「キャスターと都知事は違う」と言った発言に対して

「差別ですよ!」

とまた声を荒げて訴えていました。

キャスターと都知事では違うというのが差別にあたるとは思いませんが・・・
何でも「差別だ」と発言するのはどうかと思いました。

まとめ

今回は30分という短い時間での討論となりましが、なかなか見どころがあったのではないでしょうか?

時間が足らずに、公約の具体性などはあまりわかりずらい様に思えましたが、

こういう討論が増え、都民が見る機会が増えれば、誰が都知事にふさわしいのか
選ぶ基準になると思うのでまたぜひやってほしいですね!

【東京都知事関連の記事はこちら】

鳥越俊太郎の病気はもう大丈夫なのか?健康面や体力面は?東京都知事選出馬表明

小池百合子 公職選挙法違反の疑い?更に政治資金規正法違反の疑いも!

東京都知事選 小池百合子 森喜朗前首相と犬猿の中で出馬断念の危機?学歴詐称疑惑の可能性も

鳥越俊太郎公約も実務経験もなし!都知事候補として不安要素ばかり?

 

 

 

スポンサーリンク
                     

 - 政治