リオ五輪 パブリックビューイング お勧めはどこ?

      2016/08/07

もうすぐオリンピックですがばブリックビューイングで見たいという方も多いのではないでしょうか?

みんなで見れば盛り上がる事間違いなしですよね!

そこでお勧めのリオ五輪パブリックビューイング会場を探してみました!

スポンサーリンク

丸ビル「MARUCUBE」

◎会場:丸ビル「MARUCUBE」(東京都千代田区丸の内2-4-1)

期間:8月6日(土)~22日(月)午前10時~午後8時

6日(土)の開会式、22日(月)の閉会式は午前8時から開始。

14日(日)~17日(水)の陸上競技は午前8時30分から開始。

18日(木)の陸上競技は午前8時45分から開始。

設備:85インチモニター3台、55インチモニター2台

※観覧申込:入場無料・自由

2014 FIFAワールドカップブラジルの時は、180インチの大型スクリーンを使ったパブリックビューイングでは36試合を生中継。

マルキューブ内には人工芝生を敷設され、丸の内カフェease店内ではピザやホットドックなどの軽食やソフトドリンク、アルコール飲料が販売されました。

今回のオリンピックでもこのような形になると思われます!

パナソニックセンター東京

会場:パナソニックセンター東京(東京都江東区有明3-5-1)

期間:8月6日(土)~22日(月)午前10時~午後6時

休館日:月曜日休館(8月8日、22日、9月19日は特別開館)

6日(土)の開会式、22日(月)の閉会式は午前8時から開始。

設備:240インチスクリーン

※観覧申込:入場無料・自由

【8Kスーパーハイビジョン パブリックビューイング】
パナソニックセンター東京では、日本放送協会(NHK)主催による、リオオリンピック8Kスーパーハイビジョンパブリックビューイングを開催します!
4K映像が投影可能な高輝度のDLP方式のプロジェクター4台を用い、240型の大画面に国内最高輝度40,000ルーメンの8K大画面映像をご覧いただけます。
また、プロ用設備音響機器ブランド「RAMSA」のスピーカーを採用し、22.2チャンネルのサラウンドシステムを組み合わせ、臨場感あふれる8Kスーパーハイビジョンのパブリックビューイングを実現しました。
ぜひご一緒に、有明の地からリオオリンピックに声援を送りましょう!

出典:panasonic

スポンサーリンク

パナソニックセンター東京では他にも沢山のイベントを開催しています。

【スタジアム体験ガイドツアー】

スタジアムの中では、競技の撮影をする人、安全を見守る人などアスリート以外にもたくさんの人が働き、大会を支えています。

そこで使用されている、パナソニックの機材「撮影機材」「セキュリティーカメラ」を実際にみて体験できます。

期間:2016年7月23日(土曜日)~9月19日(月曜日・祝日)

時間:※開催時間は当日現地でご確認ください。

【リオアート体験】

「チョークアートメーカー」を使って、カラフルなリオの街並みや、人生を楽しむカリオカ(リオっ子)たちのアート作品をイメージして、オリジナル作品を作ってみよう!

期間:2016年7月23日(土曜日)~9月19日(月曜日・祝日)

時間:10時00分~18時00分

【リオの街並み体感】

まるでリオの街並みに入り込んだような映像体験ができます。

期間:2016年7月23日(土曜日)~9月19日(月曜日・祝日)

時間:10時00分~18時00分

【360°リオ体験】

リオの風景を360℃見渡せるバーチャル体験が楽しめます。

期間2016年8月上旬~9月19日(月曜日・祝日)

時間:10時00分~18時00分

その他にも沢山イベントをやってますよ!

まとめ

会場に行ってみんなで応援すると盛り上がりますよね!

盛り上がるも大事ですが一緒に楽しむ事も重要ですよね~

家族と行く場合にはパナソニックセンター東京がおすすめです。
沢山のイベントもありますし飽きる事なく楽しめると思います。

仕事帰りや、カップルなどには丸ビルがおすすめです!
若者が多いですし、帰りにショッピングもできますしご飯も食べて帰れますよね。

パブリックビューイングでオリンピックを楽しみましょう!

【リオ五輪注目記事はこちら】

リオ五輪中継をスマホで観戦しよう!注目競技日程もこれで見逃しなし!

スポンサーリンク
                     

 - リオ五輪特集