鳥越俊太郎公約も実務経験もなし!都知事候補として不安要素ばかり?

      2016/07/13

ジャーナリストの鳥越俊太郎氏が都知事選に出馬を表明しました。
会見を見ていると、鳥越氏に沢山の不安要素が見つかりました。

会見の内容はあまり中身がなくこれで大丈夫なのだろうかと思うものばかりでした。

その辺を詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

鳥越俊太郎はなぜ都知事にに立候補したのか?

立候補した理由に鳥越氏は

「先日の参院選を見ていて、このままでいいのかなという思いがあって…。政党から特に声かけはありません。そこは誤解がないように。民進から打診があったと誤解されている人が本当に多いですが、違いますから。それが昨日の夕方です」

と答えています。

今回の参議院選挙の開票の現実を見て、

「都知事選に出ようと思ったのは、参議院選挙を見て。国全体がかじを切っている。元に戻したい」
と思い出馬を決意したそうです。

鳥越俊太郎氏公約なし!都知事として立候補も不安要素ばかり?

鳥越氏の会見で気になる部分が沢山ありましたのでその辺をピックアップしてみました。

気になる発言として

「ちゃんとした公約はできていません」
「東京オリンピックの詳細知りません」
「韓国人学校の件は知りません」
「公共事業や築地移転のことについてもよくわかりません」

もちろん出馬を決めたばかりですし、公約はこれからなのはわかります。

しかし、都知事に立候補するならば、知りません、できてませんは通用しないと思います。
少しくらいは下調べするべきでしょう。

スポンサーリンク

鳥越俊太郎氏実務経験がないのに大丈夫なのか?

実務経験がない事に対して鳥越氏は

「実務経験がないのは大変でしょうね、ハハッ」と答えています。

実務経験がないのはかなり大変な所かなって思います。
政治家出身でもないですし、これからすべてが初めての経験になるので大変じゃないわけがないですよね。

猪瀬さんは副都知事をされてましたし、舛添さんは政治をずっとやられてた方なので
実務経験なしっていうのはこれからの事を考えるとスムーズには行かないかもしれないですね。

鳥越俊太郎体調面の問題も不安要素?

記者からも体調面について鳥越氏に質問が飛びました。

記者「76歳という高齢、ガンにもなっていますが体調面は大丈夫ですか?」

鳥越氏「わたしは直腸ガンステージ4を経験し、その後手術を受けています。
ガンの患者だから出来ることもある!そこは気にしないでください」

と答えていました。

鳥越さんは癌を患ってから4回手術されています。
癌を克服してから時間がたってますのでもう完治したと思っていいと思います。

しかし、鳥越氏は76歳ですからね~体力面はどうなのかなって思ってしまいますね。
もちろん、がん患者でも癌を克服し、仕事を続けれる環境というのは大事だと思います。

しかし、都知事ともなれば、激務ですし普通の仕事ではありませんからね~
少し不安要素が残る気がします。

まとめ

出馬を表明した鳥越氏ですが都知事になるには沢山の不安要素があるような気がします。
出馬を決めたのが昨日で、これから色々決めて行くという事はわかりますが、

都知事とはそんな簡単な物でしょうか?

鳥越さんの会見を見て、先日の石田純一さんの会見を思い出しました。

内容の中身もよくわからないければ、主張も国政に関する発言でした。
これで都政は務まるのでしょうか?

これから公約とかもでてくるでしょうが、鳥越氏の出馬会見に不安を覚えた方は多いと思います。

【鳥越俊太郎関連記事はこちら】

鳥越俊太郎の病気はもう大丈夫なのか?健康面や体力面は?東京都知事選出馬表明

スポンサーリンク
                     

 - 政治