山本太郎氏がまさかの正論!舛添要一「スピンコントロール陰謀説」唱えるも舛添氏辞職応じず!「スピンコントロール」発言の意味とは?

   

政治資金私的流用問題に揺れる東京都の舛添要一知事ついて

自民も不信任案提出するも舛添氏は辞職には応じず!

各党や世間からから様々な反応や意見が出ています。

お騒がせ議員でいつもはバッシングされる側の山本太郎氏からのスピンコント―ル陰謀説まで出る始末です。
しかし今回は山本氏が正論だとの意見も。

そんな山本氏の発言を詳しく解説したいと思います。

スポンサーリンク

山本太郎氏 舛添知事騒動に「政権与党がスピンコントロール」陰謀説を唱える

まずスピンコントロールがどういう意味かと言うと、

人々が特定の方向で受け止めてしまうように、状況や情報(特に、政治家や企業の行為)を伝えること。

簡単に言うと・・・情報操作という意味です。

これを踏まえて、山田氏はこう発言しています。

「混乱を作り出した原因は舛添さんですが、中身はかわいいもんですよ。『セコい』の一言で終わり!」

「事務的な力はすごく高い方、仕事はちゃんとする人です。私物化をしたことは責められて当然ですが」

『スピンコントロール』ってご存じでしょう?今、目の前にある本当に解決しなきゃいけない問題に煙幕を張る、フォーカスをそらすために、別のところで騒ぎが起こってるんですよ。舛添さんをやめさせる、やめさせないよりも、もっとひどいことが国家の中枢で行われてるんです!これは間違いなくスピンコントロール

「参議院選挙に対しての注目をそらせる、現在の政権に対してネガティブな部分を出さない。だって、舛添さんがこれだけ叩かれてるのに、どうして甘利さんが睡眠障害が治ったと言って出てくるんですか?あり得ない話でしょう。舛添さんなみにバッシングしてみろと」

「だから今、国が決めている、政府がやっている、自民党がやっている、経団連がやっている、そのような状況に目を向けて、どうしていくべきかを話し合う時。いつまで(舛添知事を)叩いてるんだよと」

この意見に賛同の声が上がっています。

叩く暇があればこれからどうしていくべきか話し合う時ということです。

舛添さんがもし辞任してしまえば、舛添叩きはなくなるでしょうが、根本的な解決はなりません。

つまりは、バッシングを受けるべきは他にもいるのにすべてが今、舛添さんに向けられている。

参議院選挙が近いのでネガティブな部分を出さない様にしている。

甘利大臣の問題もうやむやにされていています。

まとめ

現在、舛添さんがサンドバック状態になっているが
一番の問題は政治資金のあり方です。
この規定が甘すぎる為にこういう問題が起きます。

そこの根本的な見直しが必要ではないか?

というのが一番大事なポイントではないでしょうか?

叩く時間があればそれを見直す。

他にもやるべきことがあると思います。

【舛添要一関連記事はこちら】

舛添要一都知事新疑惑の内容は?休日に公用車でコンサート?

 

スポンサーリンク
                     

 - 政治