櫻井パパ 桜井俊氏 出馬すれば嵐ファン票で東京都知事選当選確実だが息子の影響で出馬断念か?

      2016/06/17

舛添都知事が辞職願を提出した事により、ポスト都知事は誰なのか?
気になる所ですよね~

既に色々な候補者の名前が上がっています。
その中でも、有力と言われているのが、人気アイドルグループ嵐の櫻井翔さんの父の桜井俊さんです。
桜井俊さんがもし、都知事選に出馬すれば、嵐のファンが投票し当選確実では?と言われています。

桜井パパである桜井俊さんとはどんな方でしょうか?

息子である桜井翔さんの影響が出馬に関係してるのでしょうか?

そんな桜井俊さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

桜井俊プロフィール

生誕 1953年12月14日(62歳)
出身  群馬県

出身校 東京大学法学部
職業 総務事務次官

経歴

群馬県立前橋高等学校を卒業

東京大学法学部を卒業

旧郵政省へ入省

実績

情報通信国際戦略局長

総合通信基盤局長

総務審議官

事務次官

総務事務次官

桜井俊総務事務次官に就任

課長、局長と出世の階段を上り、事務次官へと就任する

総務事務次官は官僚のトップです。

仕事内容は総務省の事務を統括することです。

事務次官になると

内閣総理大臣を手助けしたり、内閣の本府の各それぞれの事務までも監督することもできます。

官僚のトップではあり大変なエリートで、誰でもなれるものではありません。
つまりは、桜井俊さんは経験があり、大変な実力と実績があったと言えるでしょう。

嵐・櫻井パパ ポスト舛添氏後任の有力候補の理由

桜井氏を推す理由としては

今までタレント性が高い人物が続いたが、都政実務に精通している人物が選ばれるべきである事。

金銭疑惑がなく、クリアなイメージである事。

桜井氏は都知事後任候補アンケートで橋本徹氏や東国原氏に次いで3位にランクイン

東大法学部卒業後、旧郵政相に入省したキャリア官僚であり、庁再編で総務省が設置された後は主に携帯電話の普及などのIT部門で活躍し人望も厚い事から有力候補のようです。

桜井俊氏 「出るつもりはない」と明言

桜井俊事務次官が15日午後、都知事選出馬報道について取材に応じました。

記者「ポスト舛添という声があがっているが、出馬する気持ちは?」

桜井氏「そういう具体的な話があるわけではありません。仮にあったとしても、大変光栄ではありますが、出るつもりはありません。」

記者「はっきりないと断言される?」

桜井氏「はい。」

記者「来週以降、打診などあれば?」

桜井氏「そんなことはないと思うが、大変名誉なことではあるが、お受けするつもりはありません」

完全否定されました。

櫻井パパポスト都知事のまとめ

本人は否定されていますが、まだわかりませんよね。
現在は総務省で働いていて、17日付で総務省を退官します。
その後の打診次第ではないでしょうか?

まだ現段階で出馬を表明してる人はいません。
まだ舛添さんが辞職願を出したばかりなので各党これから調整に入るといった所です。

当時の元大阪都知事の橋本氏も、都知事選に2万%出る事ないと言いましたが結局でましたよね。

政治の世界では最後まで駆け引きとの戦いがありますから

強い打診があれば考え直す可能性も十分考えられます。

出馬となれば嵐ファンが投票し当選確実と言われています。

嵐は国民的人気アイドルでありファンクラブ会員は50万人いると言われています。

その嵐の中でも一番人気あるのが櫻井翔さんです。

仮に嵐ファンが投票しなくても、実績も実力も十分ではないでしょうか?

しかし、息子である櫻井翔さんがあまりにも有名ですので、

息子に迷惑がかかると思い、出馬要請がきても出馬を断念する可能性もあります。

まだどうなるかはわかりませんが、

新しい都知事誕生は早ければ7月31日と言われています。

もしかしたら桜井都知事が誕生してるかもしれないですね!

スポンサーリンク
                     

 - 政治, 芸能