米村でんじろう先生の生い立ちとは?

   

現在「世界一受けたい授業」やサイエンスプロデューサーとしてテレビに出演している
米村でんじろう先生の気になる生い立ちや経歴について調べてみました。

スポンサーリンク

米村でんじろう先生の学歴とは?

千葉県市原高校卒業 (偏差値40)
それほど高い数字とは言えない偏差値ですよね~
なんとその後、ぜんじろうさんは3浪してしまいます。

4回目の受験で東京学芸大学合格

大学院で研究者を志しいたのですが力が及ばず断念。
大学院卒業

29歳で都立高校の教師となります。

教科を教える以外の仕事も増え
教師師という道に限界を感じ始めます。
高校教師を辞める決意をします。

40歳でサイエンスプロデューサーへ

今や科学の楽しさを伝える伝道師として大人気、確固たる地位を築いている。そんな、“でんじろう先生”の仕事哲学とは?

強い信念を持ってやってきたわけではないけど、子ども時代の自然科学への興味、教師時代に生徒に興味を持たせようといろいろ試したこと、実験番組作りの企画など、科学の実験をエンターテイメント化するという分野では人には負けないという自信はありました。

出典:米村でんじろう「流に逆らわず」(外部サイト)

スポンサーリンク
                     

 - 芸能