安倍晋三 病気 完治したの?新作「アサコール」とは?副作用は?

   

衆参ダブル選挙や消費税増税,熊本地震などもあり
色々な問題を抱えてる安倍政権。
安倍さんは2度目の総理大臣を務めていますが、
前回総理を辞めた時に原因が難病だと言われています。
その難病は今は大丈夫なのか?について調べてみました。

スポンサーリンク

安倍晋三の難病とは?潰瘍性大腸炎とは?

潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜(最も内側の層)にびらんや潰瘍ができる大腸の炎症性疾患。

症状としては、下血を伴うまたは伴わない下痢とよく起こる腹痛みたいで
安倍さんも国会中にトイレに行かれたり大変だったと聞いています。
多い時は1日に30回トイレに行ったりするという話を聞いた事があります。

原因は不明とされています。

何らかの遺伝的因子が関与していると考えられています。

治療は薬による内科的治療
薬物療法が効かない場合には手術が必要となる場合があります。

安倍総理が使用してる薬 新作「アサコール」とは?

アサコールは、潰瘍性大腸炎に使用します。
大腸の炎症を抑える効果があります。
このアサコールを長期服用が可能になったため治療が改善したと言われています。
アサコールが出る前は有力な治療薬が存在しなかったのです。

新作「アサコール」副作用は?

副作用は少ないとは言われています。
頭痛や胃の不快感といった症状も出る人もいたり、
人それぞれなので担当の医師に確認しましょう。

安倍総理の体調はもう治った?

マスコミの前でカツカレーを食べたりともう完治したとのアピールをした事もあります。
今の所この薬が効いている様で大丈夫な様です。
しかし、総理大臣は激務ですので体調不良になる事も多いと思います。
無理をせず頑張ってほしいですね。

スポンサーリンク
                     

 - 政治